渋パブ・リレー・エッセイ (RELAY ESSAY)

事務局Hのラーメンぶった斬り

2011.1.5

事務員初のリレーエッセイ掲載ということで、本来なら事務員の日常業務等ご紹介するべきなのでしょうが、そういったことを私が書く事をウチの弁護士も期待していませんし、いずれ他の事務局の者がキッチリ書いてくれると思いますので、私の好物であるラーメンについて書こうかと思います。
 事務所が大学の構内にあるので学食もあるのですが、場所柄少し足を伸ばせば美味しいものを出すお店が大学付近に揃ってます。私にとっての「美味しいもの」とは味の濃い、油っ気の多い下品な味付けのもののことですが、条件に当てはまる店が数多くありどこへ行こうか迷うくらいです(大抵ラーメン屋‐カレー屋のローテーションですが。)。ここでは事務所近辺(渋谷・恵比寿付近)のお気に入りのラーメン屋について書いていきます。


「凪」

六本木通りの渋谷2丁目交差点近くにある店。2006年のオープン以来、事務所に近い事もあり、かなりの頻度で通っています(週1,2回程度)。開店当初からはメニューも変わり、現在はコテコテの豚骨ラーメンを出してます。あまり他の店では食べられない焼きラーメンもまた下品な味付けが美味。
大抵時間のない昼休みに行くので、早く出てくるラーメン(味玉ラーメン)ばかり頼んでいたら、アルバイトの女の子から「味玉(ラーメン)の人」と呼ばれていた事も。かなりお世話になってます。私が横に大きく成長(つまり太ったのですが)したのもここのおかげかと。


「渋三ラーメン」

明治通り沿いにあるお店。クセがなく思いのほかあっさりとした豚骨ラーメンも美味しいのですが、見た目にもボリュームのある「たんめん(魚介の入っていないチャンポンのような感じ)」、「焼きたんめん(たんめんの麺、具を炒めたもの、塩味の味付け)」がおすすめです。いつもこのどちらかを頼んでいます。


「瞠」

恵比寿のタコ公園(?)付近にある、魚介豚骨のラーメンを出す店。ラーメン、つけ麺、油そば等色々とメニューがあるのですが、どれもクオリティが高く、どれを食べても美味しい、安心できるお店です。大抵の店ではいつも決まったものを食べてしまうのですが、この店ではその時の気分で色々なものを食べてます。


「OKAZAKI」

渋谷のセルリアンタワー近くにある、知らなければラーメン屋なのかと疑うような小洒落た外観の店。醤油・味噌・塩、それぞれラーメンとつけ麺ありとメニューも多彩です。ここの店のつけ麺は他の店より細い麺で、太麺があまり好きではない私にとってはサイコーです。チャーシューもやわらかく絶品。さっぱりしたラーメンが食べたくなるとつい足を運んでしまいます。


番外「のあ」

かつて渋谷と恵比寿の中程、明治通り沿いにあった醤油豚骨のラーメンの店。2、3年前に神保町に移転してしまい足を運びづらくなりましたが、ここのまぜそば(油そば?)が強烈。これでもかというくらいの背脂を汁なしの麺の上に乗せた品です。見た目どおりの期待を裏切らない下品な味付けはすばらしいの一言。是非渋谷でもう一度開店して欲しいくらいです。



ここまで数店紹介してきましたが、まだまだ他にも美味しいラーメン屋は事務所付近に多数あります。あくまでも私のお気に入りという点だけで書いてみました。皆さんもお近くまでお越しの際には是非。

*お店に対するコメントの中で「下品」と何度も形容していますが、私としては褒め言葉として使っているつもりです。上記のお店の方、気を悪くされたらゴメンナサイ。