リーガルクリニックニュース (LEGAL CLINIC NEWS)

2010年度リーガルクリニック(上級)最終報告会報告
2010.11.02

弁護士 渡辺 千恵

平成22年9月3日(金)、國學院大學において、表題のリーガルクリニック(上級)最終報告会が開催されました。

リーガルクリニックでは、弁護士が実際に受任している生の事件を、法科大学院の学生である受講生の皆さんと一緒に行います。たとえば、依頼者の方と会って聞き取りをしたり、書面を作成したり、法廷や弁論準備室に同行する、あるいは接見に同行して、検察官や裁判官宛の意見書を作成するなど、弁護士と一緒に悩み、一緒に行動することにより、法律や法曹について学ぶのが、リーガルクリニックです。このリーガルクリニックの授業は、2名から3名の学生さんと、1名の担当弁護士というチームで行っていますが、授業の一番最後の締めくくりが、代表5チームにより行われる最終報告会です。

今年も、昨年同様、明治学院大学2チーム、國學院大學1チーム、東海大学1チーム、國學院・獨協合同1チームという構成で行われました。

各大学のチーム別に行う中間報告会というのもありますが、最終報告会は、4大学の関係者、弁護士他、外部からの見学者もいる中で行われます。発表する側はそれなりの緊張を強いられますが、自分の限界を超える挑戦をしたところに成長というものはあるもので、皆さん、中間報告会の時よりも、プレゼンテーションや質疑応答への対応力は格段に上がっていました。法科大学院が合格率のプレッシャーにさらされている現在、こうした実践教育科目を履修し、しかも、積極的に最終報告会での発表の参加表明をした学生の皆さんに対して、担当講師として敬意を表したいと思います。

また、今年の最終報告会で特筆すべきことは、朝日新聞の記者の方が2名見学に来て下さり、懇親会にも参加して戴き、学生へのエールを頂戴したほか、朝日新聞夕刊のコラムに、記事として掲載されたことです。当事務所のホームページに掲載させて戴いておりますので、どうぞご一読下さい。短い文章の中に、クリニックのエッセンスが詰まっています。